日経225先物取引とは?

日経225先物取引について解説します。

 

日経225先物取引とは?

 

日経平均株価が上がるか下がるかを予想するのが日経225先物取引です。

 

日経225先物の注文方法には買いと売りがあります。日経平均株価が上がると予想したら買い注文を入れます。

 

「買い」でエントリー(注文)した場合は日経平均株価が上がれば利益になり、反対に下がれば損失になります。

 

日経平均株価が下がると予想したら売り注文を入れます。「売り」でエントリーした場合は、日経平均株価が下がれば利益になり、上がれば損失になります。

 

現物株式とは違って売りからでも利益が取ることができます。信用取引と比べても225先物は手数料が安いので個人ユーザー向きです。

 

先物と聞くと怖いイメージがある人も少なくありませんが、取引対象が日経平均株価なので突然なくなるようなこともないので安心できます。


スポンサーリンク

 

 

当サイトは人気ブログランキングに参加してます。
下のバナーが押されると点数が増えるしくみになっています。
★☆応援のクリックをして頂けると大変嬉しいです☆★
    
先物・オプション ブログランキングへ