投資で大損して退場する人の共通の法則。正しいリスク管理とは?

株・FX・225先物・仮想通貨などの投資で、大負けして退場になる人が必ずいます。その共通の法則について記事にしてみました。

 

相場から退場になる人の共通点とは?

 

私は相場を始めてから今年で10年目になります。最初は兼業からスタートして専業に。現在はまた兼業に戻りトレードをしています。

 

10年の間に数多くのトレーダーと出会ってきました。その中には資産億越えをしている敏腕トレーダーもいれば、相場から退場してしまったトレーダーもいます。

 

実は退場になるトレーダーには共通点があります。それはポジションを多く持ちすぎてしまう事です。

 

225先物ではラージまたはミニを、枚数を選択してエントリーしていきます。株ならば単元数、FXならばロット数です。

 

退場する人はとにかく多くポジションを持ちます。「資金がある限り買えるだけ買う!」という人も決して少なくありません。

 

確かにその方が利益確定になった時のリターンは大きくなります。少しでも利益を多く出したいと思うのは、トレーダー共通の思いです。

 

しかしこのスタイルでやろうとすると、トレードが荒くなりがちです。大勝ちか大負けになってくるので安定感がありません。

 

利確もロスカットも遅れるようになり、いずれ致命的な損失を出してしまいます。そして相場から退場するというパターンです。

 

次に億単位の資産を持つ凄腕トレーダーの共通点を書きます。

 


スポンサーリンク

 

凄腕トレーダーの共通点とは?

 

力のあるトレーダーのトレードを見ると、退場になる人との違いがはっきりとわかります。まず上手な人は欲張りません。

 

大きな利益をドカンと狙うのではなく、小さな利益をコツコツと積み重ねていきます。ロスカットも迷わずに行います。

 

また敏腕トレーダーは必ずマイルールを持っています。エントリー、利確、ロスカットはすべてルールに従って行われます。

 

ルールを破れば負ける事を身を持って知っているので、どんな状況でも鉄の意志で守りぬきます。つまり自分のトレードの形を持っているのです。

 

相場から退場する人はマイルールを持っていないか、せっかく作ってもちょっとしたきっかけですぐに破ろうとします。

 

両者の差は歴然であり、トレード結果に差が出るのは当たり前のことです。自分を律することができなければ、トレードの世界で勝者にはなれません。

 


スポンサーリンク

 

正しいリスク管理とは?

 

トレードで安定して勝てるようになりたいのであれば、まずはトレード力を磨くことです。どんな仕事でも同じですが下積みが大切です。

 

具体的にはミニ1枚で最低3か月間はトレードを続けることを推奨します。そこで利益が出れば、少しずつ枚数を増やしていきます。

 

実力もないのに「ミニ1枚でのトレードだと利益が少ないから面白くない」と言う人がいます。このタイプの人は相場では生き残れません。

 

投資で最も重要なのはリスク管理です。リスク管理とは損失を抑えることであり、経験や実力に乏しいのであれば枚数を上げるべきではないのです。

 

ここまで読んで「自分は大丈夫!」と思った人も注意が必要です。相場をやっていて結果が出ると、枚数を増やして勝負をしたくなります。

 

トレードは自分の欲との戦いです。勝ち組と負け組の大きな違いは、自分を律して勝率の高いマイルールを貫けるかどうかにかかっています。

 

1番効率的なのはシストレだと思います。シストレはソフトのサインに従って寄りでエントリー・引けで決済を繰り返すだけです。

 

日中に場を見なくてもよい点は大きなメリットで、正しくソフトを選べれば資産はどんどん増えていきます。

 

シストレについての詳細、のんたんが使用しているソフトについてはシストレ7日間講座をご覧ください。

 

⇒シストレ7日間必勝講座登録フォームへ

 

この記事が勝つためのヒントになることを祈っています。

 


スポンサーリンク

 

当サイトは人気ブログランキングに参加してます。
下のバナーが押されると点数が増えるしくみになっています。
★☆応援のクリックをして頂けると大変嬉しいです☆★
    
先物・オプション ブログランキングへ