日経225先物取引の税金。確定申告のやり方と損失繰越について

225先物取引の税金について解説します。

日経225先物の税金はいくら?

 

日経225先物取引で利益が出た場合には確定申告が必要になります。

 

支払う税金は利益から売買手数料を引いた金額の20%になります。

 

≪225先物の税金計算式≫

年間利益 - 売買手数料 × 20%

(20%の内訳は所得税15%・住民税5%)

 

(例)年間利益が100万円・売買手数料が5万円の場合

100万円ー5万円 × 20%=19万円

 

正確にはこの税率に震災復興の特別税が加算されますが、おおよそ税金は20%と覚えておけばよいでしょう。

 

株の特定口座であれば自動的に税金が引き落とされますが、225先物の場合は自分で確定申告をして税金を支払う必要があります。

 

また損失繰越という制度があり、損失が出た場合に申告をすれば3年間はその損失を翌年に繰り越せます。

 

3年以内に利益が出た場合、この損失分に関しては税金はかかりません。

 

確定申告や損失繰越の詳しいやり方についてはこちらを参考にしてください。

 

⇒225先物、確定申告・損失繰越の説明ページへ


スポンサーリンク

 

 

当サイトは人気ブログランキングに参加してます。
下のバナーが押されると点数が増えるしくみになっています。
★☆応援のクリックをして頂けると大変嬉しいです☆★
    
先物・オプション ブログランキングへ