【必見】稼いでいるトレーダーが必ずやっている「ある作業」とは?

投資の世界では多くの人が退場する一方で、長く安定的に勝ち続けている投資家もいます。彼らに共通しているポイントを解説します。

 

トレーダーとして成功するためには?

 

私は現在、日経225先物のシステムトレードで別に本業を持ちながら資産運用をしています。

 

以前には2年ほど専業トレーダーとして日本株のデイトレードをやっていた時期もあります。

 

通算すると株と先物で合計3000万円ほどの利益を得てきました。

 

人にこの話をするとよく天才などと言われることが多いですが、私は決してそうは思っていません。

 

トレーダーの集まりでは私よりも稼いでいる投資家にたくさん出会ってきましたし、彼らと接することで多くのことを学んできました。

 

この記事を読んでいるあなたは今投資をしていて、トレーダーとして今後成長していきたいと考えている人ですよね。

 

そこでこれから、、、

 

1、稼いでいるトレーダーはどんな人なのか?

2、どうしたら彼らのように稼げるようになるのか?

 

について私の経験を元にしながら書いてみたいと思います。

 

1、稼いでいるトレーダーはどんな人なのか?

 

to1

 

インターネット上で投資ブログを書いている人は多く、その中には敏腕トレーダーも存在します。

 

私もブログを作って記録を残しているうちに色々なトレーダーの方と交流が生まれ、実際に会って情報交換するようになりました、

 

ある日、億単位で資産を持っているトレーダーとご一緒する機会がありました。

 

どんな人なのかドキドキしながら実際に会ってみると、、、、、

 

めちゃくちゃ普通のおじさんでした(笑)

 

ちょっと外を見ればそのあたりを犬を連れて散歩していそうな、どこにでもいるような人です。

 

これは“たまたまその人だけが”というわけではなくて、共通して当てはまる法則です。

 

ただトレードに対する情熱は凄まじいです。プロ意識が高く、話をしているとそのギャップに驚いてしまいます。

 

実は私がこれまでに会ってきた凄腕トレーダー全員が行っていた“ある作業”があります。

 

これから先の内容は大変重要なので印刷するか、メモに取っておいてください。

 

2、どうしたら彼らのように稼げるようになるのか?

 

069186

 

稼いでいるトレーダーが必ず行っている作業とは「トレードの振り返りを記録に残す」ことです。

 

凄腕のトレーダーも始めは投資初心者でした。みんなスタートラインは同じなんです。

 

そこから勝てるようになったのは才能ではありません。地道な努力です。

 

うまくいったこと、うまくいかなかったこと、その原因などをしっかりとメモに残しておく。

 

すると次のトレードに生きてきます。同じ失敗をしなくてもすむようになります。

 

この作業の繰り返しこそがトレーダーとして成長する1番の方法です。

 

できるならばその振り返りを実績があるトレーダーに見てもらうとより効果があります。

 

彼らは自分も記録を付けているので、あなたの状況に合った適切なアドバイスをもらえる可能性があります。

 

稼げていない人ほど、面倒臭がって記録を取ろうとしません。言い訳ばかりします。

 

成功する人はとにかく行動します。そして急スピードで成長します。

 

どの世界でも共通して言えることですが、受け身の姿勢でいるといつまでたっても成長できません。

 

自分が情報を提供することで相手に感謝されます。時には質問されることもあり、こうして交流が生まれていきます。

 

学ぼうとする強い意欲がある人は、このような形で必ず行動に現れます。最も結果を出しやすいのは間違いなくこのタイプです。

 

記録を取って公開するというのはそれを実現する最短ルートなんです。

 

シストレの場合もトレードの振り返り記録は必要?

 

to2

 

シストレの場合は、ソフトの売買サイン通りにトレードを繰り返すので記録は必要ないのでしょうか?

 

決してそんなことはありません。トレードの振り返り記録はシストレでも絶対に必要です。

 

シストレは勝っている時はよいのですが、負けている時は自分との戦いになります。

 

連敗が続くと次も負けるのではないか?このソフトでいいんだろうか?と不安になるものです。

 

それが限界に達すると、怖くなって売買サイン通りにトレードできなくなるという最悪なケースを招きます。

 

助言してくれる人がいればまだいいのですが、1人の場合は修正もできずにシストレを勝手に中断してしまいます。

 

中断した途端にソフトの調子が良くなって、自分の決断を後悔するというのはよくあるパターンです。

 

仕事をしていて忙しい方もいると思いますので、毎回トレードの振り返り記録を付けなくても構いません。

 

ただ月末の1回だけは、1か月のトレードを振り返って記録をつける習慣を身につけてほしいと思います。(のんたんチーム生はSNSを活用して下さい)

 

書く内容はできた点、できなかった点、疑問点、来月の目標など思いついたもので大丈夫です。

 

この記録はあなたの財産となり、成長の記録になります。

 

道に迷った時はあなたを助けてくれるはずです。

 

まとめ

 

トレーダーとして成長するためには「トレードの振り返りを記録に残す」ことが大切です。

 

はっきり言って面倒くさい時もあります。特に書くことがない場合も出てくるでしょう。

 

そんなときは2行・3行でもいいので書くことだけは続けて下さい。

 

これを習慣化して1年間継続してやった人とやらない人とでは、本当に驚くほどの差が出ます。

 

1か月に1度だけ、10分程度でいいですのでトレードの振り返り記録を付ける時間を作ってみてください。

 

このメッセージの重要性があなたに伝わる事を心から願います。

 

当サイトは人気ブログランキングに参加してます。
下のバナーが押されると点数が増えるしくみになっています。
★☆応援のクリックをして頂けると大変嬉しいです☆★
    
先物・オプション ブログランキングへ
【必見】稼いでいるトレーダーが必ずやっている「ある作業」とは? はコメントを受け付けていません。 シストレ必勝法