シストレ24の失敗談。フルオートの自動売買機能は要注意!

FXのシステムトレードサービス「シストレ24」について検証します。

 

シストレ24について

 

インヴァスト証券が提供しているシストレ24はFXの自動売買を行うサービスです。

 

シストレは自分の判断ではなく、ソフトの判断によって売買サインを決定します。

 

シストレ24は提供されているストラテジー(ソフトの種類)の中から、自分が好きなものを選択して運用を任せるスタイルとなっています。

 

それぞれソフトには条件がプラグラミングされており、その条件のもとに売買を自動的に繰り返してくれます。

 

私たちはストラテジーを選べばよいので非常に楽チンです。

 

このサービスについて私の元へよく相談のメールが届くようになりました。

 

その内容は大きく分けて2つで新サービスのフルオート機能に関する内容と、大損したという悲痛なメールです。

 

まずは最新のフルオート機能について解説していきます。


スポンサーリンク

 

シストレ24のフルオート機能とは?

 

これまてのFXのシストレは、何十種類もあるストラテジーの中から好きなものをいくつか選んで運用を行う形が一般的でした。

 

ストラテジーの入れ替えは成績が悪いものを中心に手動で行っている人が多かったようです。

 

ストラテジーを自分で選ぶのが難しい。利用者からはそんな悩みが寄せられたそうです。

 

そこで開発されたのがフルオート機能です。フルオートを使うとストラテジーの入れ替えが自動で行なわれるようになります。

 

具体的には毎週土曜日に成績の悪いストラテジーをはずして、そのときに一番成績がよいストラテジーを組み込んでくれます。

 

これでますます勝ちやすくなったと思いきや、ネットで検索するとフルオートで大失敗したという書きこみが目立ちます。

 

私のところに届く相談メールもフルオートで資金を減らしてしまった人からのものが多いです。

 

かなり便利に思えるサービスに見えますが、なぜこのような声が続出しているのでしょうか?

 

現役トレーダーの立場から見解をまとめます。

 

FX自動売買の重大な欠点

 

私の経験上、相場は赤ちゃんによく似ているように思います。

 

赤ちゃんはその瞬間ごとに様々な表情をします。笑っていると思ったら、急に泣き出したり、また笑ったりと気分がコロコロ変わります。

 

そんなとき私たち大人は赤ちゃんの状態に合わせて対応を考えますよね。

 

一方でFXの自動売買というのはプログラムされた条件に従って売買を繰り返していきます。

 

上げ相場、下げ相場、ボックス相場と毎日のように変わる相場に対して同じ攻め方をしても勝てません。

 

そのときの相場状況に合わせた戦略を練ることが必要になってきます。

 

また今週成績がよかったストラテジーが来週もよいとは限りません。相場状況が変われば大きなマイナスになることも珍しくありません。

 

ストラテジーをフルオートで毎週土曜日に入れ替えられたとしても、1日ごとに変化する相場には対応できません。

 

FX自動売買の重大な欠点とは「相場変化への対応力がない」ことです。

 

それを補うために様々なストラテジーを組み合わせようとすると、利益が増える分損失も増えるので稼げません。

 

ループイフダンでもフルオートでもこの欠点がある限り、FX自動売買のシストレで稼ぐことは難しいでしょう。


スポンサーリンク

 

シストレでは稼げないのか?

 

ここまで読んでくださった方はシストレは稼げないと思ったかもしれません。

 

しかし決してそんな事はありません。現実に私はシストレで2016年は600万円の利益をあげています。

 

シストレは稼げます。稼げない原因は正しいやり方を知らないからです。

 

勝つためのシストレの方法については「シストレ7日間講座」内で詳しく解説しています。

 

シストレ7日間必勝講座への登録は下記よりメールアドレスと名前の入力のみで簡単にできます。

 

⇒シストレ7日間必勝講座登録フォームへ

 

シストレで勝ちたいと思っている人は必ずチェックしてください。


スポンサーリンク

 

 

当サイトは人気ブログランキングに参加してます。
下のバナーが押されると点数が増えるしくみになっています。
★☆応援のクリックをして頂けると大変嬉しいです☆★
    
先物・オプション ブログランキングへ
シストレ24の失敗談。フルオートの自動売買機能は要注意! はコメントを受け付けていません。 シストレソフト